オフィスムーブTOP > ケースメソッド教育

ケースメソッド教育

ケースメソッド教育



ケースメソッドとは
ケースメソッドは、過去80余年間にわたり、ハーバード大学ビジネススクールが中心となって開発し、 改良してきた実践的な経営教育の方法です。日本においては、慶應義塾大学ビジネススクールが 50年前に導入し、慶應型ケースメソッドとして独自に発展させてきました。
実際の経営状況をまとめた様々なケースを素材に、ディスカッションを通して新しい知恵を共創する教育方法で、 人材育成に大きな効果をもたらします。

弊社では、各企業様が抱える課題・失敗事例はもちろん、成功事例の両方を基に 各企業様独自のケース(事例)を作成し、それを活用した教育も進めております。

ケースメソッドの流れ
受講者は、まず現実の企業経営の実態をもとにして作成された教材(ケース)を受け取ります。
ケースには、受講者が判断し決定すべき当面の問題に関連する、周囲の状況や意見などが記載されています。 このケースをもとに、 受講者は次の3つの学習プロセスに主体的に「参加」することが求められます。
事前個人学習
研修当日までに、受講者各自が課題とされたケースを分析・検討して、 主要な課題を明らかにし、解決のための具体的な提案を準備します。
グループ・ディスカッション
事前個人学習の成果を受講者が持ち寄り、 少人数のグループで次の全体ディスカッションにつながる「ディスカッションのウォームアップ」を行ない、 各自の問題意識を発展させます。

この場での「気づき」「学び」も数多くあります。
全体ディスカッション
講師のリードにより、受講者全員がさらにディスカッションを重ね、 多数の受講者の意見を通して各自の問題発見力、判断力、意思決定能力を養成します。

ケースメソッドの教育効果
事前個人学習、グループディスカッション、全体ディスカッションの3つのプロセスを通じて、 受講者は、下記の力を身につけます。
  1. 問題の本質を見抜く力
  2. 問題を解決する力
  3. 意思決定する力
  4. 高いコミュニケーション能力


〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-3-4
チサン第6新大阪1003
TEL 06(6889)1660 FAX 06(6889)1670