ケースメソッド ワークショップのご案内

~優秀な人材を辞めさせないために~

2月29日(土)にケースメソッドの体験ワークショップを開催します。

本ワークショップでは、他者との対話を重ねることで、ひとつではない正解を導き出す 「ケースメソッド」の手法を体験していただけます。

優秀な人材の流出を防ぎたい、新入社員研修や管理職研修で「考える力」をつけるプログラムを取り入れたいとお考えの人事部門の方、組織内でリーダーシップを求められているリーダーやマネージャーの方、教育の現場で学生のリーダーシップを伸ばすことに尽力をしておられる方々にご参加いただければ、たいへんうれしく思います。

当日は、ケースメソッドの合間合間に「教え合い」というグループワークの時間も作ります。 他の参加者から聞いた内容を自分の体験と関連づけて語り合うことで、多角的に理解を深めていく、そのような「場」にしたいと思っております。
ケースメソッドが初めての方も、お気軽にご参加ください。


●ワークショップの詳細・お申込みは、こちらをご覧ください。

●ケースメソッドについての詳細は、 こちらをご覧ください。

ケースメソッド ワークショップ

ケースメソッドで人材育成を考える

「考える力」「高いコミュニケーション力」を持つ人材を育てる
ケースメソッドの手法を学ぶワークショップ

ある民間会社の調査によると、転職を前向きに考えている20代は7割を超え、若年層の中で転職が一般化してきている様子が伺えます。

ただ、企業の人材育成の視点に立つと、大きく成長した優秀な人材が流出をするのは、なんともやるせない思いがします。
では、優秀な人材を辞めさせないために、私たちは何ができるのでしょうか。

本ワークショップでは、他者との対話の積み重ねを通して、ひとつではない正解を導き出す「ケースメソッド」の手法を体験していただけます。
優秀な人材の流出を防ぎたい、社員研修で「考える力」をつけるプログラムを取り入れたいとお考えの人事部門の方、組織内でリーダーシップを求められているリーダーやマネージャーの方の参加をお待ちしております。

対話を通して他社の取り組みから多くの気づきを得ていただけることも、本ワークショップの大きな魅力です。
ケースメソッドが初めての方もお気軽にご参加ください。
テーマ

「優秀な人材を辞めさせないために」

人材育成担当者として、リーダーとして何ができるか考えます。
日時
2020年2月29日(土) 13時30分~16時 (受付13時~)
定員
12名(最少催行 5名)
参加料
3,000円(ケース代込み) 当日現金にてお支払いください。
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー26階5号室
大阪市北区角田町8番1号
※会議室へは、ビル1階シャトルエレベーターで 15階スカイロビーまで上っていただき、
オフィス用エレベーターに乗り換え、26階でお降り下さい。

講師

濵田美雪 (株式会社オフィスムーブ代表取締役)

7年間にわたり、2つのホテルで営業・営業企画・広報のキャリアを積む。その後1993年独立。
慶應義塾大学大学院経営管理研究科にてケースメソッド教授法を学んだ後、
中村和彦(南山大学教授)氏のもとで組織開発について学び、
NLP・コーチング・行動科学理論をプラスした独自のスキルを確立。
企業・行政・医療・福祉・教育等の現場で、 それぞれのニーズに合わせた組織開発・人材育成に取り組んでいる。
Organization Development Network Japan (ODNJ)会員
米国NLP(TM)協会認定 NLPプラクティショナー

お申込み
ご希望の方は、下記内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。(*必須)
折り返し、ご連絡を差し上げます。同業者の方のご参加はご遠慮ください。


送信ボタンをクリック後、送信完了のページが表示されるまで、しばらくお待ち下さい。

フォームで正しく送信できない場合は、Eメールで、ご連絡下さい。
consul@office-move.co.jp

ケースメソッドとは

●ケースメソッドとは

ケースメソッドは、ハーバード大学ビジネススクールが中心となって開発し、80余年間にわたって改良を重ねてきた実践的な経営教育の方法です。日本においては、慶應義塾大学ビジネススクールが50年前に導入し、慶應型ケースメソッドとして独自に発展させてきました。

一般には「実際にビジネスの現場で起きた事例を教材としたディスカッション型講座」のことですが、本来の目的は、正解のない問題について、さまざまな考え方や価値観の人々が議論や対話を通じて、時には建設的に意見を戦わせながら、何らかの最善策を見出していくことです。
そのためには、分析力や論理思考、コミュニケーション力のほか、他人の意見を聞く力、異なる意見を調整するといったソフト・スキルが要求されます。

ディスカッションで得た気づきや学びが受講後も続き、成長が継続する人材育成手法です。
ぜひケースメソッドの魅力をご体験ください。

●進め方

【事前個人学習】
研修当日までに、受講者各自が課題とされたケースを分析・検討して、主要な課題を明らかにし、解決のための具体的な提案を準備します。
※今回は事前学習不要のミニケースをご用意します。
ケースメソッドが初めての方もお気軽にご参加下さい。
【グループ・ディスカッション】
各受講者が自分の意見を持ち寄り、少人数のグループで次の全体ディスカッションにつながる「ディスカッションのウォームアップ」を行ない、各自の問題意識を発展させます。この場での「気づき」「学び」も数多くあります。
【全体ディスカッション】
講師のリードにより、受講者全員がさらにディスカッションを重ね、多数の受講者の意見を通して各自の問題発見力、判断力、意思決定能力を磨き上げます。

※ ケースメソッドについての詳細は、 こちらをご覧ください。