写真

こだわりのWedding写真集が出来るまで

こだわりの写真集Point1

一瞬を逃さない・準備も怠らない

当日フォトグラファーは、お約束の時間よりかなり前に現場入り。
スタッフとの打合せや、お2人が映えるフォトスポット等を探します。
限られた時間の中で様々な写真が撮れるようスタンバイしているからこそ、
一瞬の瞬間を逃さないことは当然ですが、写真集のような素敵な写真が残せるのです。
こだわりの写真集Point2

本物のフォトグラファー

腕、センスがいいのは当たり前。
当日緊張されているお二人とスムーズなコミュニケーションがとれて、 ホテルや現場で冷静に全体を見渡せる余裕があり、スマートに尚且つ目立たず行動します。

そして何より、宝塚歌劇団で女性を美しく撮ってきた
本物のフォトグラファーに 最良の記念すべき人生の1ページ1ページを、シャッターを押し記録してもらえるのは うれしい贅沢感を味わえます。
こだわりの写真集Point3

枚数に制限なし

当日は、目つぶりの心配もあります。同じカットでも数枚押さえますので、ベストショットが撮れます。 また、写真集に入らなくてもおじいちゃま、おばあちゃまとの 2ショトなど沢山の方々との記念の写真も時間の許す限りお撮りします。

もちろん、絵になる階段やお庭、窓辺での撮影などは、しっかり押えます。
こだわりの写真集Point4

フォトグラファーがフィニッシュワークまで全て1冊1冊仕上げます

当日の雰囲気を実際に味わっているフォトグラファーが、
約700〜800カットの写真の中から、
ストーリー性を大切に吟味し絞り込みます。


セレクトした写真を、パソコン上で、色・明るさを決める画像処理を行い、 ページごとに出したい雰囲気を考えながら、写真同士のバランスも考慮し、 ホワイトバランス、色調、露光量、シャープネス、などを調整していきます。

次に1ページずつ、シンプルなレイアウトで、いかに写真を引き立たせるかをポイントに構成していきます。
フォトグラファーの意向もあり、色を大切に考えて写真一枚一枚をより深く味わっていただけるように、 シンプルにスッキリとまとめます。 (文字やお2人に関係ないモチーフなどは一切使いません)


最後は色調整と加工でモノクロ調にしたりバランスを取りながら完璧な状態に仕上げ、 印刷用のデータを作成し、DVDなどメディアに保存し、印刷に出します。

以上の作業を、デザイナーではなく、 お2人と当日を共にした・お2人のお人柄を知るフォトグラファーが 最後まで全て責任をもって仕上げますので、こだわりの素晴らしい写真集が出来上がるのです。
こだわりの写真集Point5

仕上がり

表紙   白レザーのエピ仕様  箱入り
サイズ  25cm×25cm
1枚目の見開きを開くと、表紙には小さな小窓があり
これからはじまるストーリーへの期待を膨らませます。
厚さ   2.8cm
ページ  30ページ(挙式&披露宴の場合)

厚さもあり、ページもしっかり開きますので折れじわなども出きません。
DVD-Rには、写真集に使用しなかったものも全て含まれております。
写真集に使用した写真は写真集使用分というフォルダーで分かりやすくしております。
また、写真集で使用した写真が更に分かりやすいように、 左の写真のように縮小版に番号をふっていますので、 結婚報告ハガキ作成時やご両親様に焼き増しをした写真をプレゼントする時などにも便利です。
新聞に掲載されました

詳しくは、コチラ